太陽電池を利用して発電する太陽光発電

先の東日本大震災後に全国のほとんどの原発が停止し今まさに全国民に節電を余儀なくされています。
そんな電気不足となっている現在、やはり最も頼りになるのが太陽光発電なのです。太陽電池は電力を蓄えておく電池とは異なっており、太陽エネルギーを電力に変換し続けるシステムとなります。
その太陽電池を、太陽の光が当たる場所に設置をし、作り出した電力を使用することとなるのが太陽光発電なのです。太陽光発電はシステムが正常に可動し太陽光がある限り、永久に電力を供給する事が出来るのです。
資源に限りのある石油などに変わる新しいエネルギーとして、世界的に注目されているシステムなのです。
世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。太陽電池はセルとも呼ばれており、単純にセルの範囲が大きければ大きいほど太陽光を浴びる範囲も大きくなります。
ですので作り出す電力が多くなりますし、太陽光強ければ強いだけ、作り出される電力も強くなるのです。

 



太陽電池を利用して発電する太陽光発電ブログ:20210912

ボクの奥さんは、
自他共に認める能天気で明るい性格で、
本人も「悩むことがほとんどない」と公言しているんですが…

初めての子供を出産した時に、
子育てでものすごく悩みはじめました。

うちの奥さんに限っては、
子育てでブルーになることはありえない…とたかをくくっていたボクは、
本当に驚いたし、うろたえました。

そんな奥さんを救ってくれたのは、
奥さんの母の一言だったのです。

「そんなにこだわらなくてもいいじゃない!」と
母は彼女に言ってくれて、
自分が自分にきちんとやれていないことを許せなくて、
自分を責めていたんだな…と気づき、
徐々に奥さんの気持ちも楽になっていきました。

この出来事は、
ボク自身がその時の奥さんに持っていた不満を
解消する鍵にもなりました。

当時、ボクは、
奥さんが子供にばかり意識が向かっていて、
自分のことをほったらかしにされていると感じていたのです。

どうしてこんな感じを持つかというと、
主人も子供が生まれたら、奥さんとは関わり方は違うけれど、
すごく悩んで努力しているからなのです。

子供が生まれたら、
子供や奥さんに経済的なゆとりを持たせたいと思うのは
自然なことです。
だから、がんばって働いて、
たくさん収入を得なければ!と思ったりします。

また、子供は父母の背中を見て育つ、という言葉がありますが、
それを意識して、立派な親父にならなければ!と強く思ったりもします。

けれど、自分なりにがんばっていることが、
奥さんにわかってもらえないような気分になることもあるんです。

でも、
真実はそうではなくて、
本当にシンプルな理由だったんです。

「子育てが大変すぎて、他に目を向けることができない」
だけだったんです!