気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
自然の力である太陽光発電というのは、今考えられる一番の節電対策の一貫と言えるでしょう。
環境破壊も起こさず、しかも安全な太陽光発電は、今まさに最も注目をされている自家発電システムなのです。太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。





気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:20211022

現在、あたしは、
1歳10ヶ月になるお子様の育児の真っ最中。

多少の前後はあるものの、
彼の現在の生活は8時6時半起床、
午後1時から3時まで午後寝、よる8時が就寝という時間で
毎日規則正しい。

1日三度の食べる事の時間も
8時7時、午後12時、夕6時とほぼ固定されており、
その合間に散歩にでかけたり、
公園に遊びに行ったりなどの外出がある。

もちろんそれは母であるあたしのナビゲーションの元にあるわけで、
あたしの生活リズムもそれに即したものになる。

食材の買い出しや、料理、掃除や洗濯などの
毎日の家事を彼の時間に合わせてこなす結果、
同様にあたしの生活時間も規則正しいものとなった。

日中、家事や育児に追われ、よるに彼が寝たあと、
俗に言う「自分の時間」というものが生まれるが、
産前の頃のように夜更け遅くまで、ビールを飲んだりは絶対にしない。

なぜなら、
明日も8時6時半から体力勝負の育児が始まるからだ。

もちろん、出産以前に仕事をしていた頃にも
ある程度決まった生活時間帯で日常を送っていた。

しかしそこには、
「今日は特別」「明日はごろごろしよう」
という日が必ずあった。

だが、現在の育児中にその「例外」は発生しない。
なぜなら彼にはまだ土日、祝日、正月などないからだ。
年中無休、一年365日この生活パターンなのだ。

ところで
皆さんご存知のアメリカメジャーリーグで活躍中のイチロー選手。
毎日、野球の練習に打ち込む姿のコマーシャルから採って、
現在のあたしの生活を見た妹は、
あたしのことを「イチロー姉さん」と呼ぶ。

コツコツと、同じことを毎日淡々と休むことなく…
もちろん全く違う生活ではあるが。

気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討