投資として太陽光発電を考える

投資として太陽光発電を考える



投資として太陽光発電を考えるブログ:20170328


おれの大学の入学式は、
ある意味思い出深いものでした。

中学生ぐらいまでは、おれは「雨女」でした。
高校生になってその汚名を返上できたかのように思っていたのですが、
大学の入学式当日は、曇りでした。

おれが入学した大学はちょっと遠くて、
自宅から電車ですと2時間ぐらい、
車で行くと60分から60分半ぐらいで着きます。
父母も出席すると言う事で、車で行くことになりました。

あめが降らなくてよかったねぇ…
なんて話していたのもつかの間。
見る見るうちに空は、
黒い黒い雲に包まれていきました。

降り出したあめは、まさに「横殴り」のあめ。
まるで台風のようなあめでした。
本気で横向きに降っていたんですよ!

こんな日に、こんなあめに降られるなんて、
おれは「雨女」から抜け出せてないんだなぁ…
と言うよりも、それを通り越して、
あまりのあめの降り方に、逆におかしくなってしまいました。

あめが降り出した時は、まだ車中でしたので、
今から土砂降りの中での入学式に向けて
心の準備をしなくては…

そんな豪雨の中、
ふと周りの景色を眺めていると、どういうわけか、
向こうの方の空は明るいんですよね。

「!」これは、期待できるかも知れないと思いました。
だって、おれ達の進む先の空が明るいのですから…

大学に着く頃には、
無事に晴れ間が現れてくれました。
狐に化かされたかと思うぐらいに、
雲ひとつない程の快晴になっていました!

まるで、おれの人生のようだねぇ…
母と笑いながら話していたのですが、
その晴れ渡る空が何かを暗示していたかのように、
おれの大学時代は遠距離通学にもかかわらず、
本当に楽しく過ごさせてもらいました。

投資として太陽光発電を考える

投資として太陽光発電を考える

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討